税務や会計業務を中心に事業全般のコンサルタントを担う税理士事務所

サービスのご案内

中期経営計画書作成サポート
『MAS監査』サービスで、経営の目標達成のお手伝いをします
MAS監査サービスとは
「MAS」とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略。
『MAS監査』とは、経営サイクル「Plan(計画)-Do(実行)-See(検証)」の確立と運営を支援し、「先見経営・先行管理」を実現させ、目標達成できる経営体質づくりへ導くためのサービスです。
毎月の巡回監査(月次決算)が過去会計であるならば、MAS監査は未来会計を実現するためのサービスといえます。
MAS監査とは「課題」を抽出し続けることです
「ありたい姿」になるには身近にある「課題」、会社全体に関わる「課題」を解決する必要があります。
『MAS監査』では、この「課題」を抽出し続けることで、お客さまを「ありたい姿」へと導いていきます。
MAS監査とは、「経営計画」をつくり続けることです
『MAS監査』では、まず会社の「目的」として、経営理念やビジョンを策定します。
そして、それらを会社・部門・個人単位の具体的な「目標」へと落とし込み、会社全体での浸透を図り、「経営計画」遂行への意識を高めていきます。
『MAS監査』はこんな方にお勧めです
経営者には夢がある。
  • 目標をどう達成させるのか描きたい
  • どこにもない会社にしたい
  • 会社の規模を大きくしたい
  • お客様を喜ばせたい
  • 社員の意識を高めたい
  • この商品で戦えるのか見極めたい
  • 資金繰りの心配をなくしたい
  • 後継者に繋げていきたい
  • 百年続く会社にしたい
  • より多くの店舗を展開したい

『MAS監査』サービスの具体的な内容については、下記の「5つのSTEP」があります。
『MAS監査』5つのSTEPを攻略
『MAS監査』は、月次のサービスモデルです。計画を立てるために、現状を知ることから始めます。
そして、『MAP3』(MAP経営シュミレーションシステム)を使用しながら、5カ年の経営計画書を作成していきます。単年度の数値計画と行動計画を立て、全社員に発表し共有することで、目標達成の意識を高めます。
その後は、毎月目標と現状の差を埋めていく会議を継続していきます。
  • 1.財務診断
    経営計画を立てるためには、現状を知ることが大切です。
    『MAS監査』では、「決算評価」や「現状計画」のデータにより、定量・定性面での現状を正確に把握し、それに基づいて未来を想定し、夢を実現するための経営計画の準備をします。

  • 2.中期5ヵ年計画立案(将軍の日) (方向性を示す)
    『将軍の日』とは、戦国時代の将軍が戦場から離れた陣営で戦局を見極めながら戦略を立てていたように、経営者が日常業務から離れて、自社を取り巻く経営環境を見つめ直し、自社の強みと課題を整理し、今後の会社の5ヵ年経営計画を立てるためのセミナーです。

  • 3.単年度計画立案 (方法論を具体化する)
    できあがった5ヵ年計画をもとに、「数値計画」と「行動計画」を立てていきます。
    まずは1年目の目標を達成するために、毎月のアクションプランに基づく月別数値計画書を作成します。
    経営者だけではなく、経営幹部や現場責任者、全社員参加での策定も可能です。

  • 4.経営計画発表会 (全社員で共有する)
    経営シミュレーションソフト『MAP3』と使って作成した経営計画書をもとに、経営計画発表会を行います。
    経営者の目指す方針を内外に周知させ、全社員と目指すべき方向性を共有する場を設けることで、目標達成への意識を高めます。

  • 5.先行会議
    (予実管理・先行管理の徹底)

    月に一度、経営会議を実施し「数値計画」や「行動計画」に対する現状との差異を分析します。今後の課題を明らかにし、これを解決するための次月以降のアクションプランを練り直します。
    このサイクルを速くたくさん回すことで、目標達成への精度を高めます。

まずは、中期経営計画を作成することが第一ステップです。
当事務所では2ケ月に一度将軍の日を開催していますので、ご興味のある方は当事務所にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ