コラムレター

2008/11/13 #0061 ノーベル賞税金

 先日、2008年のノーベル賞が発表され、日本人の研究者4名が受賞した事は記憶に新しいところです。

 今回、米シカゴ大南部陽一名誉教授高エネルギー加速器研究機構小林誠名誉教授京都産業大理学部益川敏英教授物理学賞元米ウッズホール海洋生物学研究所下村脩上席研究員化学賞を受賞しました。

 そこで、賞を受賞した時のお金、税金についてお話いたします。

 ノーベル賞は以下の6部門から成り、各賞ごとの賞金額は、2001年から現在までは、1,000万スウェーデン・クローナ(約1億4,000万円)となっています。

 物理学賞
 化学賞
 生理学・医学賞
 文学賞
 平和賞
 経済学賞 (アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞)

 さて、ここで税金についてですが、日本国内においては所得税法第9条第13項ホ「ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品については、所得税を課さない」との規定から非課税とされています。

 ただし、経済学賞については、スウェーデン中央銀行の創立300年を記念して1968年に設けられたもので、ノーベルの遺言で1901年に設立された5部門とは成り立ちが異なっており、日本の所得税法で非課税とされるのはノーベル基金から支払われる賞金だけで、スウェーデン中央銀行から支払われる経済学賞については課税されます。

 いずれにしましても、4名の皆様受賞おめでとうございます。

税理士法人 さくら総合会計(監査部)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら