コラムレター

2007/7/30 #0016 環境にやさしいハイブリッド車と税金の優遇制度のご紹介。

今回は、環境にやさしいハイブリッド車に関わる税金の優遇策についてご紹介したいと思います。

§はじめに
 原油高を背景にほぼ一本調子でガソリン値上がりが続いている今日。家計にはもちろん、運送業などの事業においても大きな負担になっているのが現状です。
 貨物車等においてはまだ少ないですが、近年のガソリン高騰や環境問題などに注目が集まる中、各自動車メーカーによるハイブリッド車(ガソリンエンジンと電気モーターの両方で駆動される自動車)の開発、販売が日々進んでおります。

§税金の優遇制度
 さて、ハイブリッド車について皆さんは既にある程度の知識をお持ちだと思いますが、実はハイブリッド車は税金面での優遇制度がいくつか設けられているのをご存知でしょうか?実際にハイブリッド車を購入した方や、購入を検討しディーラーに行かれた方などは、営業マンなどから直接聞いたことがあるかもしれません。

基本的には自動車税・自動車取得税・法人税(所得税)の3つの税金で優遇策がとられています。

 ー動車税
・・・・新車登録年度翌年から1年間税額約50%が軽減されます。

◆ー動車取得税
・・・・原則バス・トラックは2.7%、乗用車等は2.0%税額が軽減されます(一部条件有)。

 法人税(所得税)
・・・・青色申告の場合、取得価額×30%の特別償却又は取得価額×7%の税額控除(上限等有)のいずれかを選択適用できます。

平成20年3月31日までの内容です。

 ハイブリッド車が特別償却できるというのは、知らない方も多いかもしれません。
 また厳密に言うと、 ↓△亡悗靴討歪稠喀丱ス車で燃費基準をクリアしている車も減税対象であるため(いわゆるグリーン税制)、軽減額に幅がありますがハイブリット車以外にも対象車があり、ディーゼル車にも一定の燃費基準を満たした場合の減税制度があります。

詳しくは下記の国土交通省自動車交通局に掲載されているPDFに載っています。
↓↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/jidosha/topbar/zei/mokuji/2.pdf

 ガソリン代節約や節税メリットはもちろん、環境にやさしい車で快適にドライブすることによって、気持ちの面でも大きなメリットがあることと思います。ぜひ新車購入の際は参考にされてみてはいかがでしょうか。

税理士法人 道央会計事務所(監査部)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら