コラムレター

2018/3/14 #0176 会社設立登記の優先的処理(ファストトラック化)について

 法務省より平成30年3月12日より株式会社及び合同会社の設立登記について優先的に処理(ファストトラック化)を開始するとの通達がありました。
「世界最先端IT国家創造宣言」を踏まえて定められた「登記・法人設立等関係手続の簡素化・迅速化に向けたアクションプラン」において、平成29年度中に、会社の設立登記を優先的に処理(ファストトラック化)するようにし、次期登記情報システムの機能を活用した事件処理の効率化の取組等と併せて、原則として申請から3日以内に完了できるようにする取組を行うとされました。
 対象となる登記は株式会社及び合同会社の設立登記(新設合併、新設分割及び株式移転によるものを含む。)となり、書面申請は受付日の翌日起算して3日以内、オンライン申請は添付書面が登記所に到達した日の翌日から起算して3日以内となります。
 これにより、設立する株式会社合同会社の登記事項証明書を今までより早く取得できるようになります。
 なお、登記申請件数の多い時期に関してはできる限り速やかに処理されるとのことです。

 法人設立登記に関して当事務所でも取り扱っておりますので、詳細やご料金のお見積りについてはお気軽にお問い合わせください。

税理士法人 さくら総合会計 総務部 佐々木 亜美
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら